食事抜きは却って太りやすくなる!

何も食べない断食が危険な理由

食事抜きのダイエットはリバウンドという失敗が常に付きまとっています。

何故なら代謝が悪くなり、少し食べただけでもカロリーを蓄えてしまうからです。

何故リバウンドしやすい身体になってしまうのでしょうか。

それは血液中のブドウ糖がホルモンの働きにより、常に一定値にキープされていることから考えられます。

正常ならばブドウ糖が減ってきたら、脳がそれを補給するよう指令を出します。

いわゆるこれがお腹がすいた状態です。

食事を摂取すると20分ほどで脳に届き、満腹感を感じることが出来、食欲がなくなります。

人間の身体はこのようにして成り立っているのです。

しかしダイエットで食事を完全に抜いてしまうとブドウ糖が補給されず、ゼロになってしまいます。

長期間ゼロの状態が続くと身体はブドウ糖を一定の値に保つためにその値を下げようとします。

すると脳はお腹がすいたという指令を出します。

このようなメカニズムがあり、食事を抜くと逆につい食べ過ぎてしまうのです。

食べ過ぎた分、いつ入ってくるのか分からないブドウ糖の供給のために、身体は着実にそれらを脂肪に変えて体内にとどめるようになります。

これがリバウンドです。

食べないダイエットは危険と言われるのはこのためです。

また摂食障害など、拒食、過食の精神的病に冒される可能性もありますから、極端なダイエットはオススメ出来ないのです。

一時的に痩せたとしても脂肪が減ったのではなく、水分や代謝をアップさせる筋肉が減っているだけ、という理論もあります。

どんな方法であれ、食事を完全にカットするのは危険です。

精神的な病にもなってしまう可能性があるので、やはり運動や軽い食事制限でのダイエットのほうがオススメでしょう。