食べ過ぎ厳禁!復食での注意事項

置き換えダイエット後の復食で注意すること

置き換えダイエットを終了する際に、徐々に食べ物を通常食にしていく際の移行期に食べる食事を復食と言います。

回復食とも呼ばれており、この回復食こそがダイエットを成功にするかどうかにかかっているとも言えるものなのです。

復食を間違えるとかえって太ってしまったという人もいますし、神経質になる必要はありませんが、リバウンドということにもなりかねません。

塩や砂糖、調味料、小麦粉や油、油脂、アルコールやカフェインなど、復食には向かないものがありますから、注意が必要となります。

また置き換えダイエットを1日2日していた人は関係ありませんが、長期間に渡って続けていた場合、消化のよいものを少しずつ食べると良いでしょう。

主に重湯から始めるのが良いと言われています。

胃に負担がかかりませんし、栄養もそこそこあります。

ゆっくりよく噛んで食べることも大切なので、復食をする際には注意しておきましょう。

さらに胃腸を慣らすためには復食期間を長めに設定して、胃腸を少しずつ普段の食事に慣らしていくことも大切です。

重湯からはじまり、少しずつお粥に変えていきます。

その際消化のよいメニューを加えていくと良いでしょう。

塩分、油分は控えめにするのもポイントです。

この復食を普段から意識しておけば、少し体重が重くなった場合、短期間でただすことが出来ます。

重湯やお粥などを中心としたシンプルメニューで塩分や油分控えめ、など、ダイエットには大変良い献立です。

これらを覚えておいて、ダイエット成功後は定期的に体重を量って、増えていたら復食に切り替えるなどしていけば、体重コントロールをうまく出来ます。